2014年 01月 12日 ( 1 )

ゼロ・グラビティ

b0296148_21435060.jpg

最近洋画で評判の高い ”ゼロ・グラビティ”を観に行きました。
久しぶりの3Dで。

ストーリーは スペースミッションに参加したライアン(サンドラ ブロック←若く見えたけど結構ベテランなのね)とマット(ジョージ クルーニー←私ファンです)の船外活動中 ロシアが破壊した衛星による宇宙ゴミに衝突し、二人共宇宙に投げ出される所から始まります。

しょっぱなから 観客も宇宙遊泳をしているかのような臨場感。
宇宙開発先進国のアメリカならではの、精密な構成と映画技術ではあります。

でもでも、まず女性宇宙飛行士というかけ離れた特別な存在が、さらに極限状態で
いかに自己と孤独と向き合い、勇気を出して危機を脱するかという
私達にはあまりにも現実離れしている内容に ふと覚めた目で見てしまう自分がいました。

ああ、なるほどまた 最後は白人女性は無傷 きれいなままハッピーエンドね・・・
的な。
すでに観て感動した人には申し訳ありません。

映画館での鑑賞は 何を期待するかによりますが。
宇宙空間に存在しているような体感を得られる事は間違いありません。
また全編危機の連続なので、目を離す事はできません。
音響効果も抜群です。
そういう意味では 新しい体験ができると思います。
でも 涙はでませんでした。(涙もの好きかも)

こんなんですが、ご興味のある方は是非ご覧ください。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-12 22:39 | Comments(0)

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica