2014年 03月 11日 ( 1 )

3.11

b0296148_21142020.jpg

今日は東日本大震災から3年目。
当時の生々しい被害の様子はライブで映像化。被害拡大と共に衝撃でした。

その後の迅速な救いの手は阪神淡路大震災の経験者が多かったとか。
やはり経験者は余計 その悲しみ、苦しみに寄り添う事ができるのでしょう。

私も母が亡くなった時初めて 既に母親が亡くなられた友人、親類の本当の悲しみに共感できた気がして今までは 人の悲しみなどはなんて他人事に思っていたのだろうかと思い知らされた気がしました。

義母もその時 ”母親が亡くなるというのは本当に辛いのよね。夫が亡くなるより”
などと言っていました。(>_<)

ところで、震災のころ 私にできることはアンテナショップに行って特産品を買うことくらいかしら
と岩手県のいわて銀河プラザと福島の八重洲観光交流館に行って、瓦せんべいや柚餅子などを買い少しばかりの募金をした気がします。
これからも 未だ我慢を強いられている人々がいるのだという事を心の片隅におきながら、
でも明るい毎日を過ごして行こうと思ったのでした。
[PR]
by ri-lica | 2014-03-11 21:46

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica