2014年 05月 26日 ( 1 )

日本人と宗教

b0296148_15584175.jpg
家の近所。半径200m内にお寺、神社、教会が存在します。

(今日は珍しく硬い?長いトピなので興味ない方はスルーして下さい。)

私は以前からずっと関心を抱いていた事があります。

それは日本の生活の中での宗教です。

きっかけは遠い昔 高校2年の頃。
父が癌で余命数ヶ月と知らされた時 通っていたカソリック系高校の担任のシスターが、
"この聖水を御父様にたらしてあげなさい。神の御加護がありますように"と。
藁をもつかむような気持ちだった私は言われるままにしたけど、
"え?これで父は信者になったの?"

でもその後亡くなってからは 当然代々の仏教の宗派に基づき 儀式をします。

それからは 学校では 聖堂でクロスを切るのに 家ではチーン。

なんだか奇妙だなと、でもこれが日本人なのよねと思い始めました。

その後、初詣やお宮参りや合格祈願には神社、葬儀にはお寺、クリスマスには教会と日本人の自然な行事として 宗教施設へ足を運びます。

でも2年前の母葬儀の時改めて、訳のわからないお経を唱わされ、49日は魂は放浪しているのだと聞いた時、なんか腑に落ちない感じがしました。

そんな頃 こんな本を見つけました。

b0296148_15584283.jpg

夫々の宗教、日本人の宗教感が講義での会話形式で、とてもわかりやすく書いてあります。
目からウロコでした。

総じて納得した事は、
日本は神道、仏教両立するハイブリッドの国。
神道は全てが神なので人間とは対等の関係。
キリスト教では全能の神が世界を創造してるので、絶対的な神。
仏教は修行で悟りを開いて仏になる。

ああ、例えば山に登るには山の神に断り、キリスト教のミサでは、この身を神にお捧げする、仏教は自分との戦い?。
ん?仏教って一番 厳しくない?

あー、だからこの身をお捧げしてたから
キリスト派はデスマスクがあったのね。

自分を律したい時 外国人でも禅宗に興味を持つ(スティーブ ジョブもそうだったとか)のは そういう事?

とか、何気ない事も宗教とからめて考えられるようになりました。

文化の一つだから当たり前ですが。

ご興味のある方はこの本を手にとって見て下さい。
[PR]
by ri-lica | 2014-05-26 14:26 | Comments(0)

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica