2014年 07月 25日 ( 2 )

山のホテル

b0296148_20205527.jpg

ポーラ美術館の後初めて予約した小田急山のホテル

以前庭のツツジが満開の頃訪問した時はものすごく多くの人で溢れていたけど、シャクナゲもツツジも薔薇も見頃を終えていたので、比較的静か。(^_^)v
b0296148_20205561.jpg

部屋からの広大な眺望や緑溢れ散策できる庭。
夕方は私の大好きなヒグラシとなぜかウグイスの競演。気持ち良いからと網戸だけにしておいたら 小さな虫が沢山侵入してたけど(≧∇≦)
夜のフレンチはウエイターがぞろぞろいて、メインディッシュの際には、お皿を運ぶ人、お皿の蓋を夫々開ける人で3 人もやってくるから、大袈裟でウケました。(本場で体験してる人は慣れているのでしょうが(^^;;)

でもBGMには静かなクラシック、優雅なひと時に浸らせてくれるこんなシチュエーション 女性は皆好きですよね。
(って早めの時間はシルバーご夫妻が多かったけど)

ここは昔古河邸などを設計したジョサイア コンドルさんによる岩崎家の別荘だったのが消失したため その雰囲気を残してホテルとなったとか。
ウッド調のこじんまりしたラウンジも好きです。

でもやはり朝 レストランテラス席から見える富士山は別格(もやっとしてたけど)
b0296148_20205699.jpg

b0296148_2020576.jpg


ひと時の異空間でした。
[PR]
by ri-lica | 2014-07-25 19:05

ポーラ美術館

b0296148_23292214.jpg

箱根のポーラ美術館へ行きました。

箱根へは数度、彫刻の森やラリック美術館は行った事がありますが、ポーラ美術館は初めてでした。
私の好きな緑の中の美術館。
b0296148_233398.jpg

こんな彫刻や
b0296148_23335411.jpg

こんなシャレた彫刻がお出迎え

建物内部はモダンなのに自然とすっかり融合しています。
b0296148_23354396.jpg

丁度「モジリアニ展」をやっていました。
b0296148_23374414.jpg

私はかつてモジリアニの人物画のあの退廃的かつ苦しみを内に秘めたような雰囲気にはまった事があります。
多分その当時、自分が疲れていてその絵にその瞳に共感を覚えたのかも。

でも今回イヤフォンで解説を聞きながらじっくり見ていくと、モジリアニだけでなく他の印象派などの画家たちのバックグラウンドなどもさっと知れて、有名かつ、いい絵も沢山あったので とても充実した時間でした。
夫の影響でクレーがいいと思ってみたり、ルソーのジャングルな感じがいいと思ってみた事もありましたが、やはり印象派が万人受けするのは納得です。
拠点パリのモンマルトルやモンパルナスでの画家たちの色合いは明るさを増すけれど、もともとイタリア人のモジリアニが途中彫刻に力を入れたのに 断念したことやモネとは一線を画していたらしいことなど、お酒におぼれて短命だったことも葛藤があったのだろうと想像できました。

鑑賞半ばで内部のカフェに寄りました。大きなピクチャーウインドーの向うは森。開放感と癒しの空間です。
また写真を撮るのを忘れましたが、サンドイッチに添えられたピクルスがとても美味しいです。

後半は沢山のアールヌーボーのガラスを(初代ポーラ創業者がよっぽど好きだったのか)たっぷり堪能した後は昨年できた「森の遊歩道」を散策。
b0296148_05344.jpg

蒸し暑かったけど、鳥のさえずりの饗宴にすっかり引き込まれてしまいます。
b0296148_075833.jpg


ちょっと前のガイドブックだけど、箱根の美術館で人気No.1というだけあって印象派ファンには満足感たっぷりの場所だと思いました。
[PR]
by ri-lica | 2014-07-25 00:14

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica