2014年 08月 08日 ( 1 )

The Rings(指輪展)

b0296148_1765341.jpg

個人コレクターの橋本氏が集めたという古代から現代の指輪展が開催されていると知り、行ってみました。

まずは紀元前4,000年前のエジプトのスカラベの指輪が。
スカラベ(ファーブルにも出てくるふんころがし)は古代エジプトでは太陽神の化身として守り神とされていたそうです。
b0296148_1715779.jpg
(サイトより)
とても美しいです。 つまり西洋では指輪はお守りから始まり、装飾品として様々な歴史的変遷をたどります。

勿論ルビーやダイヤモンドの輝きに溜息が出る指輪もありますが、神話や聖書の一場面をデザインしていたり、肖像画としてカメオがついていたり、亡くなった国王の髪の毛を埋め込んだものもあったりで、指輪が一つの象徴として存在感を持っていたのだなと思いました。
私は指が長くないので大きな指輪などつけられないし、もともと金属アレルギーでそんなにアクセサリーはつけませんが、数々の素敵な指輪をみて興味をもってきました。
b0296148_17285112.jpg

アールデコのルネ・ラリックもデザインしています。

沢山の指輪の他、神戸にあるファッション美術館から借りた素敵なドレスも展示されています。

ところで、指輪を見ているうちロード オブ ザ リング(指輪物語)を思い出しました。
当時 ハリーポッターとほぼ同時期公開でしたが、私はロード・・・の方が好きでした。
特に 「ゴラム」。 あのなんとも奇妙で奇怪な生き物が、臆病で卑屈な部分と邪悪で陰湿な部分の二面性を持っていることにも興味を覚えました。
指輪=いとしいしとの魔力により 見た目、性格が残念な人にされてしまったのは、ショッキングな話ですが。

映画だけで、本は読んでいないので読んでみようかな。(長いから挫折するかも?)
[PR]
by ri-lica | 2014-08-08 17:57 | Comments(0)

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica