2014年 08月 25日 ( 3 )

いよいよ 象のり体験

b0296148_13465446.jpg

やってきました象さんたちのスポット。娘が行く前から「乗りたい、乗りたい、」と大騒ぎだったのですが(はい、娘は野生児です) こうしてみると神々しい象さん。
b0296148_13492516.jpg

日本人がいかに多く体験しているかですね。

b0296148_13504554.jpg

象さん、よろしく。
昔は国王が象さんに乗っていたし、生活と切り離せない存在だったのでしょうね。
b0296148_1352374.jpg

階段上った台から象にまたがります。
きゃー、やっぱり高い。

でも揺られ始めると 超楽しい!
b0296148_13543464.jpg

途中で配られた大きなキュウリのようなものを おやつにあげると鼻をくるんとして取ります。
向うに遺跡が見えます。(なんて遠くのんびり見ている余裕ありませんが)

b0296148_1355426.jpg

自分たちが乗った時は撮れないけれど、こんな感じです。
前後への揺れがほどよくて、眺めがよくて楽しかったです。
是非 皆さまも体験してみてください。

b0296148_1482885.jpg

写真用にちゃんとポーズをとってくれる小象ちゃん。
40バーツでした。(1バーツ=3.7円くらい)

最後の夜はホテルシェラトンの Basilでタイ料理。 でもパッタイ(タイ風焼きそば)が超甘かった(^^;)
b0296148_1419348.jpg


実質2日のタイ観光でしたが、予想以上に楽しめました。
象が可愛かった.(^-^
あ、ほとんどの女性がタイではエステ、マッサージがお得とやってもらうようですが、私は何か好きじゃないし、ついていたクーポンも場所が離れていたのでやりませんでした。
ツアーで一緒の母娘親子の方はそれをしに来たと言っていましたが。

ところでタイの人達の敬虔な仏教を基本とした信念や、国王に敬意を払う慣習などのせいか、概しては真面目で勤勉そうな人柄を感じました。
タイ料理も野菜をふんだんに使っているので体にいい感じだし、年中陽に当たっているので健康そうですね。
(マスクしている人を見ないと娘が言っていた)

またいつか機会があったら行ってみたいです。
みなさまもどうぞ。

タイ旅行記読んで頂き コップン・カ~♡
[PR]
by ri-lica | 2014-08-25 14:31
b0296148_1326334.jpg

ツアーハイライトポイントへ
ワット・マハタート=14世紀を代表する重要な仏教寺院で、当時は敷地中央に黄金の仏塔がそびえていたのにビルマ軍の侵略により、破壊され仏像の頭部が見事に切り取られています。
その中切り落とされた仏頭が菩提樹に覆われているポイントが 超有名ですね。
b0296148_13201174.jpg

瞑想している姿を見ると落ち着く?
仏頭より頭を高くしてはいけません。 でもこうしてみると心霊写真のような(すみません)
b0296148_13224937.jpg


b0296148_13281781.jpg


b0296148_13281540.jpg


輝かしかったであろう寺院が見事廃墟に。でも1956年の発掘で多くの装飾品が発掘されたとか→チャオ・サン・プラヤ国立博物館へ
b0296148_13315286.jpg

これはマンゴ?

b0296148_13323368.jpg

こちらはちょっと移動した3人の王の墓の仏塔。
b0296148_1334636.jpg

野犬が結構いたけど、ガイドさんには慣れていました。
愛玩犬を抱っこした人には ものすごく吠えていて少し怖かったけど。
b0296148_13365467.jpg

タイの子供?にイスラムの人?
b0296148_1339868.jpg

野良ワンコがのんびり寝ています。
タイの人は生き物を大事にするとか。

次はいよいよメインイベント 象のり体験です。
[PR]
by ri-lica | 2014-08-25 13:43
b0296148_11144492.jpg

いよいよアユタヤ王朝を代表する仏教遺跡に入ります。
ガイドの説明忘れたのでサイト転用(というかコピペか(^^;)

「ワット ヤイ チャイモンコンは14世紀の中ごろ(日本は室町時代初期)、アユタヤ王朝の初代王であるウートン王がスリランカから帰国した修行僧達の瞑想場として建立した寺院で、別名「ワット プラ チャオプラヤータイ」とも言われます。
18世紀後半、ビルマ軍の猛攻によりアユタヤ王朝が崩壊した際も幸い市内から少し離れた場所にあるため、戦火は免れ残りました。」

b0296148_1123274.jpg

最初に出会ったのが可哀想な子供の為の仏壇? 中央にはなぜかドラえもんがたくさんお供えしてありました。
今人気だとか。
b0296148_11273893.jpg

そして高さ70メートル超えの仏塔まで行きます。
b0296148_11292869.jpg

中央階段を登って中に入ると
b0296148_1131492.jpg

小さなスペースにぐるっと8体の仏像があり、お参りは金箔を貼ります。(実際やっている人がいて仏像の金箔修復をしてるのかと思った)

この塔の周りにはまたぐるっと布をまとった仏像が。
b0296148_11362110.jpg


次に地元タイ市民もよくお参りする仏像のもとへ。
「皆さんの生まれた曜日シッテマスカ?」
「???」
「曜日で占えるんですよ」
そんなこと言われたって、携帯ネット使えないから調べられないし・・・。

b0296148_11401720.jpg

でも穏やかなお顔をされた仏像です。(誰かに似てそう)(写真ボケてすみません)
b0296148_11445196.jpg

b0296148_11435095.jpg

ろうそくをともす人。
b0296148_11455467.jpg

金箔を貼る人。
b0296148_11463910.jpg

敬虔な仏教徒のタイ市民の様子が伝わってきます。
ここは先週までの夏休みの頃は人で溢れていたそうです。(右にあるのはコブラだとか怖)
今日は超すいているので ガイドさんも「おみくじを買えました」 と言っていました。
私も買おうかと思ったけど、タイ語だし(^^;)

そして
b0296148_11535918.jpg

圧巻の涅槃像 リクライニング ブッダ
b0296148_11573469.jpg

本当に家のリビングで音楽でも聞いているかのようなリラックスしたお顔。
どんなことも
「大したことないじゃなーい?!」
と言っておられる?ようです。

何か癒されました。
そういえば、ホテルなどでも、タイの人は手を合わせて頭を下げて
「コップン・カ(女性」 「コップン・カップ(男性)」
ときちんと挨拶をしてくれます。
目上の人も敬うようで、BTS内でも 年上女性にさっと席を譲る女子を見ました。

・・・タイが何か好きになってきました。

バスに乗って次の場所へ。
[PR]
by ri-lica | 2014-08-25 12:27

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica