2014年 09月 23日 ( 1 )

秋分の日=お彼岸

b0296148_20424575.jpg

秋分の日ですね。
今年はとても爽やかな気候だし、普段密室にいると閉所恐怖症の私は、戸外に行きたくてうずうずするので、両親のお墓に行くことにしました。

今回は久々に車で。高速に乗ってひとっ走りしないといけません。
ところが、午前早くから事故渋滞とかで、高速に入るなりビタっと動きません。(≧▽≦)

うっそ~。こんな気持ちの良い日に事故らないでよ~

でもふと空を見上げると
b0296148_2050835.jpg

筆でタッチしたような雲が。
以前も細かいのを見た事あるけど、今回は優雅にお習字の練習みたい。
b0296148_2051411.jpg

青い大きな半紙を眺めていたら、イライラが少し和らぎました。

普段の3倍=3時間かかってお墓に到着。
すると、な、なんとすごい人、人。
皆さま、律儀に亡くなった方に弔いをされているのですね。

敷地内にあるこのスポットが私は好きです。
b0296148_20563676.jpg
流れのある池のせせらぎの音と覆いかぶさる優しい草花。

b0296148_20593776.jpg
石を覆う苔と水の動き。

b0296148_2104846.jpg
早くもススキが顔を出していました。

お墓の中には無縁仏になってしまったような荒れたものもあったけれど、群生するねこじゃらしも色づいて、秋の到来を感じさせてくれました。
b0296148_2164487.jpg


菊はそんなに好きではないのですが、日持ちが良いのと近所の花屋にあったこの色合いは可愛かったので
お供えして帰りました。

b0296148_2184231.jpg


ところで、なんで秋分の日=お彼岸なのかと調べたら

「仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。
そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。」

とありました。仏教を説いたお釈迦様の教えなのですね。

まあ、敷地内はクリスチャンのお墓もありますが。

ただ、手入れは大変かも。最近は色々なパターンがあるようですね。(^_-)-☆
[PR]
by ri-lica | 2014-09-23 21:23

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica