<   2014年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

b0296148_14233742.jpg

鎌倉文学館前庭

義母と実母は対局にある事が多かったけど、レジャーとして選ぶ場所も全く別。
実母は海好きだった。あまりの好きさに60代からウインドサーフィンを始めてしまったほど。

もう羞恥心とか関係ないのね。一度だけその様子を頼まれて見に行った事があるけど、
当時結構太っていた母をボードが帆の助けを借りて半分沈みかけながらも 必死で乗せて
いる感じがして、サーフボードよ、有難うという感じだったのを覚えています。

カラフルな帆を格好よく操るお兄さん(遠目に)達にまざり、ダルマ体形の母が一応
風に乗っている姿は 景観を損ねているのではないの?と申し訳なく思ったものです。

でもそんな母は 大のクラス会、同窓会、〇〇会好きでスケジュールはいつも一杯。
当然おしゃべり好きで、ネタにつきない。
思うに淋しがりやだったのだろうな。

それに対し、義母は山好き。それも本格的登山。
義父が出張になると ほいきたとばかりに ”山へ行ってきます”
と置手紙があったそうな。(結婚前)
富士山も下から登ったらしく(それも3回ほども)
”今って途中まで 車で行けちゃうんでしょ?富士登山じゃないわよ”
とよく言っていました。
また、昔、りんごをかじり鼻歌交じりに登山(ハイキング?)をしていると
後ろから ひたひたと音が・・・。
え?と思って振り返ると 沢山のサルが付いてきていたそうな。

だから義母は単独 孤独に強い。
同窓会も煩わしいので嫌いらしい。
一人で出かけ、食事もする。

そういう意味で依頼心もあまりないなあ。

はい、私はみんなで楽しくが好きです。
一人で出かけても 食事は単独ではしにくいので帰宅しちゃいます。

今年はこちらから進んでするなとおみくじにあったので
皆様からのお声かけも お待ち致しております。012.gif
[PR]
by ri-lica | 2014-01-14 15:12 | Comments(0)

六本木ヒルズ

b0296148_10162165.jpg

映画の後、定番になりつつある激写スタート。
でも一眼は恥ずかしかったので、まだ慣れないミラーレスコンデジとiphoneで撮ったので
少し画像が・・・。

トップ画像の”クモのオブジェ”もここに来ると必ず目にするものですが、今回も調べてみると、
b0296148_10231136.jpgクモの名はママン。
作者はな、なんとルイーズ・ブルジョア(ってまた格好いいですね)という女性。何でクモ?と思いますが、クモは世界の神話や伝説で知恵の象徴だそうな。インターネットの”web"は クモの巣? あ、そうだっけ?

そしてこの何気なく撮ったお腹には 卵と称した大理石を抱えているとか。
えー?でも孵化しても気持ち悪いんだけど。



b0296148_1045760.jpg
ビルを這うスパイダーマン? 恐っ!
(これのみ by夫)

















b0296148_10502480.jpg
先日上った東京タワーをこちらから。
この場所が”ヒルズ”というだけあって小高いのか タワーも高さを感じませんね。



















b0296148_10543513.jpg
よくテレ朝のお天気コーナーに登場する毛利庭園。
やっぱり私は 緑と水があるとほっとします。

前、ここにカルガモの赤ちゃんがいて人気だったけど、友人達と来た時、先に私はテレ朝のショップにいたのですが、池を眺めてた友人の一人がその日のニュースに映ったと話題になりました。(ってたいしたことないか)














b0296148_1172465.jpg
・・・と、突如現れた 土壁の家?
インドベンガル地方の少数民族サンタルに刺激を受けた アーティストの作品だそうです。
(期間限定)
でも正直大きなビルとのコラボはちょっと ミスマッチ?
















b0296148_11144682.jpg
J-Wave(好きなラジオ局)のイベントなどをやるアリーナの天井部分と六本木レジデンスの高層ビル。
いわゆるセレブが住んでいるのでしょうね。
でも私は少し高所恐怖症もあるので、あまり住みたいとは思いません、って住めないけど。
土がすぐそばにある方が好きって 野生女です。















そしてネットで17時からライトアップすると知ったので それまで時間を潰し、

b0296148_11243752.jpg
わあ、点灯!
なんかよくわからないハートがあったけど、












b0296148_1128498.jpg
うお あっちの方は赤い! モミジが光っているみたい!


・・・とのんびりとけやき坂通りまでいくと

















b0296148_11362326.jpg
あれ? 色が変わっちゃった。 でも綺麗!というか 派手!














b0296148_1138185.jpg
今だクリスマス気分という感じですかね。
LEDライトにしてから 経費が安く済むからかな。
あ、でもここはセレブリティのテリトリーなので 華やかにしてるのかな。









b0296148_11433798.jpg
ショーウインドーにも映りこんで、 水を飛ばしているみたい?















b0296148_11485879.jpg
ぶれたけど、ライトに囲まれる 森ビル。

次のチェンジカラーまで(10分毎と勘違い) 夢中で撮っていたらお腹が冷えたので止めて帰途につきました。

あ、夕方買ったロブションのパン 高級なだけあって美味しいのですね。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-13 12:17 | Comments(0)

ゼロ・グラビティ

b0296148_21435060.jpg

最近洋画で評判の高い ”ゼロ・グラビティ”を観に行きました。
久しぶりの3Dで。

ストーリーは スペースミッションに参加したライアン(サンドラ ブロック←若く見えたけど結構ベテランなのね)とマット(ジョージ クルーニー←私ファンです)の船外活動中 ロシアが破壊した衛星による宇宙ゴミに衝突し、二人共宇宙に投げ出される所から始まります。

しょっぱなから 観客も宇宙遊泳をしているかのような臨場感。
宇宙開発先進国のアメリカならではの、精密な構成と映画技術ではあります。

でもでも、まず女性宇宙飛行士というかけ離れた特別な存在が、さらに極限状態で
いかに自己と孤独と向き合い、勇気を出して危機を脱するかという
私達にはあまりにも現実離れしている内容に ふと覚めた目で見てしまう自分がいました。

ああ、なるほどまた 最後は白人女性は無傷 きれいなままハッピーエンドね・・・
的な。
すでに観て感動した人には申し訳ありません。

映画館での鑑賞は 何を期待するかによりますが。
宇宙空間に存在しているような体感を得られる事は間違いありません。
また全編危機の連続なので、目を離す事はできません。
音響効果も抜群です。
そういう意味では 新しい体験ができると思います。
でも 涙はでませんでした。(涙もの好きかも)

こんなんですが、ご興味のある方は是非ご覧ください。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-12 22:39 | Comments(0)

上野公園散歩

b0296148_1117444.jpg

国立西洋美術館の外庭には ロダンの彫刻がいくつかあります。

今までは 「あ、あるな」くらいにしか見てなかったのですが、今回少し調べてみました。

トップのはカレー市民。英仏100年戦争の際自ら人質になった英雄の市民だそうな。

b0296148_11225352.jpg
これは 「地獄の門」
最初は ダンテの”神曲”をイメージして作られたとか。
ダンテの”神曲”って 欧米文化ではよく 引用されるようですね。

私の好きな ダン・ブラウン最新刊も それをモチーフとか
(まだ 買ってないけど、文庫になってからにしようかと悩む)
映画 インセプションも 神曲をイメージ?

中央にあるのは ”考える人”なんですって。(初めて知ったー)
上には アダムさん (あのアダムとイヴの)












b0296148_1134579.jpg
こちらが イヴ(エヴァ)さん
過ちを犯し恥じている様子でしょうか?























b0296148_1138965.jpg
そして出ました。 考える人
最初はダンテそのもののつもりが 苦悩する普遍的人物となったそうです。

これは原型から 拡大されたものらしい。

ロダン彫刻は 原型に基づき承認を経て鋳造されるらしいです。

ここにあるのは 松方さんが注文して鋳造されたそう。
過去の財閥凄し!













美術館を出て、そうだ、 モネの睡蓮を見たから不忍の池の蓮(睡蓮じゃないけど まいっか)を
見てみよう。・・・と散歩開始。

途中
b0296148_11581463.jpg
こんなトーテムポールを見つけたり、
























b0296148_1211477.jpg大道芸人よりそれを見る女の子とワンコが可愛かったり・・・。














b0296148_1234719.jpgb0296148_127882.jpg


















b0296148_1284674.jpg






沿道には浮世絵行灯が 並んでいました。
モネも愛した浮世絵だから?









そして 迷いながらたどり着いた蓮池は・・・

b0296148_12164658.jpgこんな感じ。
そりゃ 冬ですものね。
一眼持ってると目立ってしまうのか、 こんな枯草 何撮ってるのかと外国人にチラ見されちゃいました。









b0296148_12201623.jpgでも ”洗心” の文字に癒されたり












b0296148_12283352.jpg
お地蔵様にご挨拶したりして戻ると
























b0296148_1230541.jpg
こんな珍しい松を見つけました。
歌川広重 名所江戸百景 ”月の松” とあります。 

日本人特有の 盆栽の一種かしら
”松”は 和よね
・・・と洋な気分で美術館をでましたが、帰りはすっかり和な気分に浸っておりました。







後で調べると 清水寺観音堂で 「月の松」が150年ぶりに再現復活
足立区の造園業の方が3年がかりで完成させたそうです。






帰り上野駅改札を抜けると可愛い店があったので ちょっと寄りました。

b0296148_1503736.jpgパンダのお正月バージョン

















b0296148_1513745.jpg
あ、友人Sちゃんの好きな マトリョーシカ
もしかして 流行ってる?

パンダと 西郷さん?
今日は写真だけで ごめんなさい。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-09 13:00 | Comments(4)

モネ 風景を見る眼 展

b0296148_11534314.jpg


今木々に緑は少ないし何か癒される所ないかなと調べていたら、モネ展をやっているらしい。
そうだ!印象派に癒されに上野へ行こう!と急遽カメラ持参(重いけど)で飛び出ました。

平日休み明けのせいか(すみません暇人で) 比較的空いていました。

わくわくしながら会場に入ると まず飛び込んで来た絵がこちら。
b0296148_12222260.jpg
クロード・モネ 「並木道」

わっ、こういう所大好き。と、すっかり絵に入り込んでしまいました。
季節は初夏かな。 あのカーブを抜けるとどんな風景かしら。



















b0296148_12212326.jpg
「雪のアルジャントゥイユ」

寒いながら雪道をサクサク歩く様子が 想像できます。
たまに積もる雪は楽しいけど ずっとだと飽きるんだろうな。
でも雪景色も綺麗。









マネやゴッホなど見るうち 代表的風景画家の作品が並んでいました。
b0296148_12351439.jpgギュスターヴ・クールベ
「狩猟者のいる風景」













b0296148_12394939.jpgアルフレッド・シスレー 
「ルーヴェシンヌの風景」













b0296148_12424164.jpgカミーユ・ピサロ
 「エヌリー街道の眺め」




写実的から次第にふんわりした雰囲気に


















そして私が引き込まれたのはこちら

b0296148_12472116.jpgピエール=オーギュスト・ルノワール
「木かげ」


淡い表現ながら 葉っぱのカーテンと絨毯に囲まれる感じ


















モネはいかに日本文化(浮世絵)に影響されたかわかる作品も並びましたが
私がへえと思ったのは ピカソ
この人の影響で 青の時代が始まったそうなのです。
b0296148_1301931.jpgピエール・ビュヴイ・シャヴァンヌ
「貧しき漁夫」


モネと同時代にありながら ”象徴主義”と言われ、 神秘的、心理的作品だとか。
確かに この漁夫 一説では妻を亡くし悲しんでるとか、または収穫の祈りをしているのか
印象派とは一線を画すらしいです。

















b0296148_139484.jpgパブロ・ピカソ
「海辺の母子像」
青の時代の始まりの作品だそうです。

なんか悲しみに暮れる母の持つ花に 僅かな望みをかけてる感じ?















そして 後半代表的なモネの作品
b0296148_13162716.jpgクロード・モネ
「舟遊び」





















そして 出ました。
b0296148_13254281.jpgクロード・モネ
「睡蓮」


睡蓮ってモネが自宅の庭に作った池のなんですね。(今頃知った?)

この睡蓮を初めここの美術館所蔵品は 川崎造船初代社長の 松方幸次郎さんが
最初に集めたそうで モネに直接売買交渉をしたこともあったとか。

でもその後 世界恐慌や大戦で 作品ほとんど失い この国立西洋美術館を作る条件で再寄贈されたそうです。

って作品を見ながら そんな説明書きもあったけど、一人で見てたりブログに書かなきゃと思ったから 興味覚えたのかもですね。



沢山の作品に満足し(ロダンやガレもあり)お気に入りの絵カードを買って外へ出ました。

その後公園をぷらついた写真は また改めて。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-08 13:59 | Comments(2)

レトロな言葉?

b0296148_11591327.jpg

ここの所 私、そして10歳上の主人が ぽろっと放つ言葉に 子供達などから突っ込みを入れられる事があります。いくつかの例を。

主人: 寒いからえりまきしていけば?
息子: エリマキトカゲじゃあないよ。 マフラーだろ?

主人: ちょっと線引き取って。
息子: 何だよ。 定規だろ。
主人: 線を引くだろ。
息子: 長さも測るし。

主人: パン焼き器干しぶどう入れた?
家族: 却って言いにくくない?
    ホームベーカリーレーズンでしょ?

主人: とっくり着ると暖かいよ。
息子: 何だよとっくりって。
私:  そうよね、今はタートルネックとかハイネックて言うかな。
主人: チョッキも暖かいよ。
  (って、主人が寒がりみたいになってる)
家族: ベストじゃない?

私も
私:  料理の時 前掛けってしないのよね。
娘:  ??何? ・・・ああエプロンの事ね

私:  しなまん食べる?
息子: 何だよ。しなまんって。
私:  あ、 肉まんの事。 関西では 豚まんって言うらしいよ。 とごまかす。 

とあるお店洋服コーナーで
私:  これ化繊ですよね。
若い店員: ???
 今あまり使わない?

ある掲示板では ”半ドン”という言葉を知ってるとか知らないとか盛り上がっていたり、
友人は 「前、 乳母車って言っちゃたわ。」 と暴露したり。

皆さまもジェレーションギャップで言葉を指摘された事ありますか?

でも風流な日本語もいいですよね、とフォローしてみたりして。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-06 13:28 | Comments(4)
b0296148_13412334.jpg

東京タワーを後にし増上寺へ向かう途中、今だ紅葉する木々をみつけ石段を降りて行きました。

そこにはこんな風景が広がっていました。
b0296148_13585726.jpg
























 見上げると横には東京タワーが。
 え?こんな場所あったの?
b0296148_13594029.jpg

























b0296148_140442.jpg

b0296148_1422020.jpg


”もみじの滝”まであります。
b0296148_1444624.jpg












ここは ”芝公園”でした。





思いがけず癒されてから 増上寺へ向かいました。


増上寺は浄土宗大本山 阿弥陀如来がご本尊。
徳川家康公の帰依を受けて造営されたそうな。
(今回初めて調べて知りました。)

広い本堂にお参りして さあ、おみくじ買わなきゃ。
b0296148_14305672.jpg並んでいるとき 見上げると なんか真新しい感じですね。

・・・おみくじは 小吉。
昨年は喪中なのに浅草寺に行って引いたら、な、なんと 大吉だったので神様はちゃんと ストップかけているようです。
”物事を控えめにし心正しく身をまもってあまり進んでしない方がよい”
そうな。


b0296148_14382997.jpg
本堂隣の光摂殿に寄ってみました。
知人の日本画家の方(幼少の頃少しだけデッサンを習いました。母の勧めで。母の一周忌に来て下さった)の桜の天井画があるようなのですが、 まだ拝見できていません。








増上寺を出て ぷらぷら歩くと こんな可愛い実をつけた樹が。

b0296148_1561792.jpg




















b0296148_1525228.jpg




b0296148_15202092.jpg











東照宮の支店? 芝東照宮を見学(?)し、






b0296148_1522658.jpg

タワーの横を気持ちよく
泳ぐ凧に吸い込まれそうになりながら、帰途につきました。









b0296148_15261753.jpg

最後に寄ったカフェ Vashonで出てきた、こんな可愛いカフェアート。
確か男性だったけど、器用ですねえ。飲むのがもったいなかったです。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-04 15:44 | Comments(0)
b0296148_9545819.jpg

お天気も良いので増上寺へ初詣。・・・とその前に数年前のお参りの前行こうと思った東京タワー
 混みすぎて断念したのでリベンジへ。カメラ片手だったので新しい発見もありました。
b0296148_9584033.jpgb0296148_958257.jpg




























今年東京タワーは創業55周年だそうで、入口で缶バッジをもらいました。
はあ~55年。半世紀以上。まさにAlwaysの世界ね。

早目に行ったのでわりとすんなり 第一展望台へ。
b0296148_1042568.jpgガラス越しだしガスのせいか、もやっとしているけれど、お台場レインボーブリッジから遠くアクアライン方面まで海が見渡せて 海景色好きの私としては爽快









b0296148_1092683.jpg富士山も見えます。(当然か)













b0296148_10143153.jpgスカイツリーも見えるけど手前のビルの方が高い=東京タワーはもはや 低っ。




















b0296148_10181441.jpg下を見下ろすと 何?KITE=凧あげ? わあ、やりたい! 
昔よく凧揚げやりました。
え?東京でしたが周りはのっぱらだったんです。自然好き私はその環境で作られました。








b0296148_10272214.jpgさらに入場料を払い
狭いエレベターの為時間待ちして漸くたどり着いた 
狭い特別展望台からの眺めもこんな感じ。

ビル建築の技術も発達しましたねえ。
スカイツリーからの眺めをテレビとかで見てたので
時代の流れを感じます。

よし、次は絶対スカイツリー登らなきゃ。(・・・と相当混んでいるようですが)













b0296148_10345524.jpg第一展望台に戻るとこんなミニ神社(?)が。
説明読むと日本電波塔が創立20周年を記念してここに神社を設置?
え?好きに天照大御神様を連れて来れるの?


















b0296148_1041076.jpg隣には引き寄せられるように ハート型絵馬が。
外国人も多いようですね。











b0296148_10434941.jpgリニュアルオープンの際 設置されたルックダウン ウインドー
こうして見るとさすがに怖いです。
しばらくいたら、何組かのカップルが来たのですが、ガラスに乗っかったのは皆女性の方でした。
女性の方が 度胸ある?







b0296148_10493517.jpgエレベーターで1階までもどり、1階にある水族館へ。20年ぶりくらい。












b0296148_10531191.jpg















次からは ごっつい顔のおっさん魚が続きます。
ご興味のある方だけどうぞ。








b0296148_10593333.jpgb0296148_1112768.jpg 












b0296148_1123168.jpgb0296148_1132249.jpg










b0296148_115372.jpgb0296148_1161598.jpg









  巨大なピラニア                   ワニガメ (ガメラのモデルとか)
                             エサを捕る為口を開けたまま
                             寿命 50年!

b0296148_1115276.jpgb0296148_11161130.jpg









人面魚にうけたり、綺麗な色の熱帯魚に癒されたりして 水族館をでました。
[PR]
by ri-lica | 2014-01-03 11:24 | Comments(0)

初の・・・

b0296148_14371869.jpg

新年おめでとうございます058.gif。 
写真は似非草月風に詰め込んだ感じのお花です。友人にたくさんお花の師匠がいらっしゃるのに
恥ずかしげもなく出してしまいました。こうしてみるとやっぱり変 と思いますし突っ込みどころ
満載だと思うので アドバイスよろしくお願いします。

皆さまのお蔭で今年もブログが続けられそうです。今までは実母女帝の圧制011.gifにより 何かあると一人悶々としていた感じでしたが、こうして皆さまとブログを通してもメッセージのやり取りができること有難く思います。 よろしくお願いします。

昨年は ”おもてなし”が流行語大賞に、”日本食”が無形文化遺産になったということで、
この歳で恥ずかしながら、おせち料理とテーブルコーディネートに挑戦してみました。
2世帯になってから、義母が注文したおせち(仕入れ元がデパートと一緒というセブンイレブン)
に 私の大皿料理ですましていましたが、まずは半月盆購入から。

挑戦したのは、

*数の子 つけ出しと粕漬の2種
*りんごきんとん
*ごまめクルミ入り
*伊達巻
*サーモンの昆布巻き
*すましお雑煮
*エビのピリ辛揚げ漬け
*スモークサーモンと鯛さしみのマリネサラダ
そして ミョンちゃんに教わった
*かぶのゆず風味漬け
*ノビアニグイ(韓国王様のハンバーグ)

おせちは全てネットレシピ E・recipeからです。

指示通りやってみると、おせち料理って手間かかってますねえ。それに包丁さばきを
求められる。写真通りに切れないし・・・。
料理人さすがだわ。手先器用な上 材料とじっくり向き合っている感じだし。
世界文化遺産に指定されるのも 納得。

そして盛り付け途中でしたが、こんな感じに。

b0296148_1571976.jpgコーディネートもネットで画像検索。 へえ~、モダンな感じあり、シャレた器使いあり・・・。
でも 私のはこうしてみると 付け焼刃的ですねえ。
なんかめでたい席なので、赤を使うとあったから、慌てて近くで(ここがものぐさな私)ランチョンマットを探したけど 売れてて急遽 紙を切り。





料理の反応としては ごまめが美味しいと・・・。レシピによると20分かけてじっくりと
パリパリになるまで炒めろと・・・。やっぱり手間かかってるもんね。

でもやはり美味しいと言われると嬉しいですね。

でもやはり私は掃除より 料理派です、はい。017.gif
[PR]
by ri-lica | 2014-01-01 15:32 | Comments(5)

あくまで気まぐれに感じた思いをのせます


by ri-lica